美容と香水について

ビタミンA誘導体であるトレチノイン酸を用いた治療は、色の濃いシミを短期間で薄い色に和らげるのに格段に有効な治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・30~40代の女性に多い肝斑・にきびなどに使われます。

「デトックス」という言葉そのものは浸透しているが、結局は代替医療や健康法の一種医師が施す「治療行為」とは別物であると多くないようだ。

よく耳にするピーリングとは、時間の経ってしまった角質を専用化粧品などでピール(peel:皮を剥くの意味)し続けることで、若くてキメの整った表皮(角質層)に入れ替え、ターンオーバーを促す人気の美容法なのです。

スカルプの具合が悪化していると感じる前に正しいケアをして、健康的なコンディションを維持する方がよいでしょう。
おかしくなってから気を付けても、改善までに時間がかかって、費用も手間もかかります。

UVを浴びたときに極力ダメージを小さくする方法は3つ。
1.日焼けしたところを冷やす2.パシャパシャとローションをはたいてしっかり保湿する3.シミを防ぐために捲れてきた表皮をむいては絶対にダメ
肌の新陳代謝が乱れてしまうと、様々な肌の老化現象やトラブルが出現します。
シワ・濃くなっていくしみ・顔色の冴えないくすみ・クマ・たるみ・肌荒れ・乾燥など、まだまだ言い出したらキリがないほど大変です。

美肌に欠かせないコラーゲンは、UVに直接当たったり様々なダメージを何度も受けてしまったり、人間関係などのストレスが澱のように溜まったりすることで、組織を破壊され、あろうことか製造することが難しくなっていくのです。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を添加して作られた美肌水は低刺激でお肌に優しく、肌が乾燥しやすい人に適しています。
防腐剤や香料等利用しておらず、肌の敏感な方でも使えます。

どうにかしたいと対策を講じて自己流のフェイシャルマッサージをする人もいるようですが、ことさら目の下の表皮は敏感で繊細なので、こするように強く圧力を与える粗っぽいフェイシャルマッサージは止めておいたほうが良いでしょう。

日本の医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL=生活の質)を大切に捉える傾向にあり、市場経済の熟成と医療市場の拡大もあって、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は今脚光を浴びている医療分野であることは間違いない。

乾燥肌というものは、肌に含まれる角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂分泌の量が標準よりも縮小することで、皮ふにある水分が揮発し、肌の表皮がパリパリに乾燥してしまう症状を言い表しています。

さらに挙げると、皮膚のたるみに大きく関係しているのが表情筋。
喜怒哀楽の様々な表情を繰り出す顔にある筋肉です。
コラーゲンと同様、この表情筋の機能も年齢を重ねるに従い低下するのです。

皮膚の美白指向には、1990年代前半から徐々に女子高生などに広まったガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする独特な渋谷系ギャル文化への警鐘ともとれる意味がある。

ネイルのケアという美容法は爪をより健康な状態に保つことを目標としている為、爪の変調を観察しておく事はネイルケアのスキルの向上にかなり役立ち無駄がないのだ。

デトックスという言葉は浸透しているが、これは間違いなく「代替医療」や「健康法」の一種に過ぎないものであり、医師が施す「治療行為」とは別物だということを知っている人は意外なまでに多くないようだ。